« ネットと選挙:プル型メディアとしてのウェブを考える | トップページ | 五輪エンブレムに関しての取材記事やテレビ出演 »

2015年9月 2日 (水)

東京五輪ロゴ騒動とインターネット

 東京五輪ロゴについて、今回の騒動はネットの検証力が注目された事件でした。

 ネット、特にウェブは論文の相互参照のために作られた仕組みです。論文の世界では相互チェックの機能が働きます。特に自然科学の世界では発表された論文を複数の科学者が追試をしてその確からしさを検証します。昨年騒動になったSTAP細胞騒動がその典型例です。私自身も社会学の門前に立っているところで、学問の世界の厳しさを痛感しているところでもあります。

 今回の騒動はいわゆるネット右翼やネット左翼などの動き(排他的で攻撃的なサイバーカスケード)とはちがいます*1。五輪を盛り上げたい、祝祭としてお祝いしたいという意識が一般の人たちに広がった結果です。佐野さんのロゴが”良いロゴ””ワクワクするロゴ”だったらみんな擁護したはずです。パクリだろうが何だろうがこれでいこうとなったはず。でも一部の方以外からは擁護の声を聴くことはありませんでした。あのロゴは良いものなのか、という疑問がやがて佐野さんの過去の実績の検証につながります。

 ベルギーの博物館からの提訴に関して佐野さんは「私はパクったことはない」と断言されていました。しかしトートバックでの盗用、展開例での羽田空港や渋谷の写真での盗用が明らかになると、やはり佐野さんは信頼できる人ではないという結論にいたり、いわゆる炎上状態となります。

 羽田や渋谷の写真を使いたいなら自分で撮りに行けばよいだけの話。ちょっとした手間をなぜ惜しんでしまったのか謎です。その他の仕事の雑さをみると、そういうデザイナーとしての当り前の手間暇を常日頃からやっていたのかという疑問がわくのは当り前で、プロとしての技量に対して批判があつまってしまうのもやむを得ないことです。

 今回の騒動は「ぱくりかどうか」が問題だったのではなく「東京五輪のロゴとしてふさわしいかどうか」という議論でした。しかし佐野さんの過去の仕事の品質が、五輪のロゴ作者として相応しいと判断されるには不十分だったということです。ロゴは白紙撤回され、再度公募が行われます。新しいロゴが素晴らしいものであれば今回の騒動は「そういうこともあったね」という笑い話になるでしょう。


*1 サイバーカスケードに至るまでのグループ討議や集団極性化が認めれらず、”私はパクったことがない”という佐野さんの言葉に対する検証のみがおこなわれたのが今回の騒動の特長です。

*ネットでの検証によって嘘がばれた事件として米国でのラザーゲート事件(参考:http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/09/post_17.html)があります。

|

« ネットと選挙:プル型メディアとしてのウェブを考える | トップページ | 五輪エンブレムに関しての取材記事やテレビ出演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネットと選挙:プル型メディアとしてのウェブを考える | トップページ | 五輪エンブレムに関しての取材記事やテレビ出演 »