« ブログは毎日書くと閲覧者数が増えるという話 | トップページ | 情報倫理ーネットの炎上予防と対策ー いよいよ出版です »

2013年8月 7日 (水)

ツイッターのつぶやかれ数と得票数(暫定報告)

 2013年参議院選挙においてネットを使った選挙活動(ネット選挙)が解禁された。

 さまざまな注目点があったが、もっとも活発に使われた選挙区の1つが東京選挙区だ。

 下図はツイッターで選挙関連ワードと一緒につぶやかれた候補者名(X軸)と得票数(Y軸)のそれぞれの対数の散布図である。


2013y07m23d_131311238


 ネットによって得票数が伸びたということではなく、得票の多い候補、つまり関心を集めた候補は自然とつぶやかれる回数が多いといえるだろう。

 ネットが選挙にどう関わったか、今後分析してみたい。

 

|

« ブログは毎日書くと閲覧者数が増えるという話 | トップページ | 情報倫理ーネットの炎上予防と対策ー いよいよ出版です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログは毎日書くと閲覧者数が増えるという話 | トップページ | 情報倫理ーネットの炎上予防と対策ー いよいよ出版です »